ページの先頭です

自己負担額が高額になったとき(高額介護サービス費)

[2017年12月1日]

自己負担額が高額になったとき

1か月間に利用した、在宅サービスや施設サービスの自己負担額(1割または2割負担)の合計が、下表の上限額を超えた時は、超えた分が払い戻され負担が軽くなるしくみになっています。

対象者には市からお知らせを送付しますので、申請してください。

・同じ世帯にサービス利用者が複数いる場合は、全員の自己負担額を合計します。

・施設サービスにかかる費用(居住費、食費、日常生活費)、福祉用具購入費、住宅改修費の自己負担分などは対象となりません。

・一度申請いただくと、その後も対象となった月は自動で支給されます。


自己負担の上限額(1月あたり)(平成29年8月から)
区分世帯の上限額個人の上限額
生活保護の受給者の方等 15,000円 15,000円
世帯全員が市町村民税非課税で老齢福祉年金受給者の方 24,600円 15,000円
世帯全員が市町村民税非課税で本人の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の方 24,600円 15,000円
世帯全員が市町村民税非課税で本人の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円を超える方 24,600円 24,600円
一般(※3年間の時限措置あり) 44,400円 44,400円
現役並み所得者 44,400円 44,400円

区分が「一般」で利用者負担割合が1割負担の方のみの世帯については、年間で446,400円が上限額となります。(平成29年8月から3年間の時限措置)


自己負担の上限額(1月あたり)(平成29年7月まで)
区分世帯の上限額個人の上限額
生活保護の受給者の方等 15,000円 15,000円
世帯全員が市町村民税非課税で老齢福祉年金受給者の方 24,600円 15,000円
世帯全員が市町村民税非課税で本人の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の方 24,600円 15,000円
世帯全員が市町村民税非課税で本人の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円を超える方 24,600円 24,600円
一般 37,200円 37,200円
現役並み所得者 44,400円 44,400円

※「一般」とは、市町村民税課税世帯となります。

※「現役並み所得者」とは、同一世帯内に65歳以上(第1号被保険者)で課税所得(※1)145万円以上の方がいる場合となります。

(※1)「課税所得」とは、収入から公的年金等控除、必要経費、基礎控除、給与所得控除等の地方税法上の控除金額を差し引いた後の金額です。

高額介護サービス費の貸付

 施設サービスを利用した場合で、利用料が高額(高額介護サービス費の支給対象となる場合)となる利用者について、高額介護サービス費支給相当額を貸し付ける制度があります。詳しくは当課に問い合わせてください。

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 福祉部 高齢者支援課

電話: 0475-20-1572 ファクス: 0475-20-1610

お問い合わせフォーム


自己負担額が高額になったとき(高額介護サービス費)への別ルート