ページの先頭です

茂原市立美術館・郷土資料館 郷土資料館収蔵品案内

[2017年3月15日]

主な収蔵品

国府関遺跡出土の琴板、赤塗木剣(あかぬりもっけん)、きぬがさ、農工具などの木製品

国府関遺跡(こうせきいせき)は、茂原市の中心部より5キロほど北西によった、豊田川の支流に面した標高17m前後の微高地(びこうち)にあります。

昭和63年から平成2年まで、県営ほ場整備事業に伴い発掘調査が行なわれ、その結果、川の跡から、弥生時代(やよいじだい)終末から古墳時代(こふんじだい)初頭にかけての建築材を含む多量の木製品が出土しました。これらの内、主要な94点は、県指定文化財になっています。

国府関遺跡から出土した木製品 きぬがさの笠骨

きぬがさの笠骨

国府関遺跡から出土した木製品 ロクロ引きの漆器

ロクロ引きの漆器

国府関遺跡から出土した木製品 琴板

琴板

国府関遺跡から出土した木製品 赤く塗られた木剣です。

赤塗木剣

農耕具を中心とした民具資料

唐鍬

唐鍬(からくわ)

大足 大型の田下駄の一つです。

大足(おおあし) 大型の田下駄

足踏み水車 足踏み式で、田に水を入れるなどの用途に使われました。

足踏み水車

鉄道の車両「人車(じんしゃ)」、海防のための「大砲」、「古文書」など

明治42年から大正末期まで 茂原~長南間を人力で走っていた、昔の鉄道車両「人車(じんしゃ)」、

外国船の渡来に備え、江戸時代後半、天保15年(1844)に鋳造され、一宮の海岸に沿岸防備に備えられた大砲(たいほう)(県指定文化財)。

人が押して走った昔の鉄道の車両 人車

人車

人が押して走った昔の鉄道の車両 人車

人車(正面から)

江戸時代後半に一宮の海岸に海防のために備えられていた大砲

大砲

江戸時代後半に一宮の海岸に海防のために備えられていた大砲
検地帳

千葉県指定文化財「天正検地帳」

立木村高橋家文書

茂原市指定文化財「高橋家文書」

千葉県伝統的工芸品「本納絵馬(ほんのうえま)」

茂原市本納に江戸時代後期より、五代にわたって継承される「本納絵馬」は、江戸時代の大絵馬と小絵馬の流れ汲んで、初代の矢部久右衛門(やべきゅうえもん)が創業しました。

南画家(なんがか)で二代目の矢部翠堂(やべすいどう)、三代目の矢部きせ、南画家で四代目の矢部華径(やべかけい)、そして日本画家で五代目の矢部宏(やべひろし)へと継承されています。

本納絵馬は、昭和60年、千葉県伝統的工芸品・房総の魅力500選に指定されました。

本納絵馬

本納絵馬四代目 矢部華径(やべ かけい)「昇龍図絵馬」(しょうりゅうずえま)

本納絵馬

本納絵馬四代目 矢部華径(やべ かけい)「鷹図絵馬」(たかずえま)

本納絵馬

本納絵馬五代目 矢部宏(やべ ひろし)「昇龍図絵馬」(しょうりゅうずえま)

本納絵馬

本納絵馬五代目 矢部宏(やべ ひろし)「紅白梅図絵馬」(こうはくばいずえま)

民芸品など

鯛ちょうちん

鯛ちょうちん

かやかや馬

かやかや馬

上総袖凧

上総袖凧

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 茂原市立美術館・郷土資料館

電話: 0475-26-2131 ファクス: 0475-26-2132

お問い合わせフォーム