ページの先頭です

農地還元

[2015年1月28日]

農地還元の取り組み

茂原市の農業集落排水処理施設から発生する汚泥処理は、基本設計において脱水機により脱水処理した後、焼却物としてゴミ処理場への搬入を検討していたが、近年の環境汚染による問題、汚泥量の増加による将来的な受入れの困難が来る為、農地還元をすることとなった。

農地還元の現状

微生物の働きにより汚水が処理され、沈殿した余剰汚泥を濃縮、脱水して含水率を約84%まで下げたものを更に汚泥乾燥機により15%以下にし、臭いが無く細粒状で扱いやすくなっている。現在、供用開始している東郷第一、豊岡第一、豊岡第二の各処理場から発生する乾燥汚泥(週約1t)を、地元の農家や一般市民に利用して貰い、全量農地還元している。

汚泥の成分

この乾燥汚泥は、肥料取締法第7条の規定に基づき『もばら活性肥料』として登録を行い、品質の安全性が保証されています。

  • 含水率 15%以下
  • 窒素 5.9%
  • リン 5.2%
  • カリ 0.5%未満

重金属等を含む工場排水などを受け入れてない為、利用上の安全性、品質基準の確保が図られている。

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 経済環境部 農政課

電話: 0475-20-1526 ファクス: 0475-20-1604

お問い合わせフォーム


農地還元への別ルート