ページの先頭です

ポジティブ・アクションとは

[2016年4月1日]

ポジティブ・アクション(積極的改善措置)とは、固定的な性別役割分担意識や過去の経緯から、政策・方針決定過程における男女共同参画が進まないようなケースが生じている場合に、これを改善するために自主的かつ積極的に行う取り組みのことを言います。

なぜ「ポジティブ・アクション」が必要なのか

形式的には制度上など男女の格差が解消されていても、女性の管理職登用が進まない、政策・方針決定過程における男女共同参画が進まないというケースが生じ、女性の能力が十分に発揮されていないような場合、課題を解決し、実質的な男女の均等取扱いを実現するためにポジティブ・アクション(積極的改善措置)が必要になります。

Q.男女雇用機会均等法では労働者に対して性別を理由として差別的な取り扱いをすることを禁止しており、女性に対する優遇が逆差別になるのではないか、均等法違反になるのではないか

A.男女雇用機会均等法第8条(女性労働者に係る措置に関する特例)では、「前3条の規定は、事業主が、雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保の支障となっている事情を改善することを目的として女性労働者に関して行う措置を講ずることを妨げるものではない。」と定められており、実質的な男女の均等取扱いを実現するためのポジティブ・アクション(積極的改善措置)は法に違反しないとされています。

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 企画財政部 企画政策課

電話: 0475-20-1516 ファクス: 0475-20-1603

お問い合わせフォーム