ページの先頭です

セクハラ防止のために

[2016年4月1日]

「セクシュアル・ハラスメント」とは

セクシュアル・ハラスメント(セクハラ・性的嫌がらせ)とは、意に反する不快な性的言動のことを言います。
職場におけるセクハラについては、男女雇用機会均等法第11条で、「職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、または当該性的な言動により当該労働者の就業環境が害されること」と規定されています。

セクハラ防止のために

事業主はセクハラ防止のため、労働者からの相談への対応、適切に対応するための体制の整備など、雇用管理上必要な措置を講ずる義務があります(男女雇用機会均等法第11条)
「職場」とは通常就業している場所に限らず、実質上職務の延長と考えられるもの(宴会など)も含まれますが、その判断は職務との関連性、参加の任意・強制などを考慮して、個別に行われる必要があります。

Q.セクハラはなぜ起こるか

A.もっとも大きな原因は個人のモラルの欠如ですが、性に対する考え方・感じ方が個人で異なることについての認識不足、同僚を対等なパートナーと考えずに性的な対象と見る意識のあり方、雇用管理の問題などがその背景にあります。

Q.セクハラを防止するためには

A.職場におけるセクハラを防止するために事業主が講ずべき措置について、事業主の方針の明確化及びその周知・啓発、相談(苦情含む)に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備、事後の迅速かつ適切な対応など9つの項目が指針として示されています。

セクシュアルハラスメント対策に取り組む事業主の方へ(厚生労働省)(別ウインドウで開く)

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 企画財政部 企画政策課

電話: 0475-20-1516 ファクス: 0475-20-1603

お問い合わせフォーム