ページの先頭です

下限面積の設定(農地法第3条)

[2017年8月16日]

下限面積(別段の面積)の設定について

平成21年12月施行の改正農地法により、農業委員会が、農林水産省令で定める基準に従い、市町村の区域内の全部または一部について別段の面積を定め、農林水産省令で定めるところによりこれを公示したときは、その面積を下限の面積として設定できることになりました。

茂原市農業委員会では、平成29年8月8日に行われた農業委員会第7回総会にて、農地法第3条第2項第5号に係る下限面積(別段の面積)を現行の50アールから新たに設定する必要性について検討し,次のとおり決定しました。

地域

市内全域

方針

現行の下限面積(別段の面積)50アールの変更は行わない。

理由

下限面積を設定するに当たっては、定めようとする面積未満の農地を耕作している者の数が、耕作者総数の4割を下らないよう農地法施行規則第17条第1項第3号で規定されている。

2015年農林業センサスの数値では、農地法施行規則第17条第1項第3号の基準を満たす経営規模が小さい地域ではないこと、また一定の経営面積が確保されないと生産性が低く農業経営が効率的かつ安定的に継続して行われないことが想定されるため、従来どおり50アールとすることとした。

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 農業委員会事務局

電話: 0475-20-1530 ファクス: 0475-20-1604

お問い合わせフォーム


下限面積の設定(農地法第3条)への別ルート