ページの先頭です

円立寺の菩提樹

[2015年2月25日]

円立寺の菩提樹(えんりゅうじのぼだいじゅ)

茂原市指定文化財(昭和48年1月10日指定)

  • 所在 茂原市粟生野1007番地
  • 所有 円立寺
円立寺の菩提樹

この菩提樹はいつの頃か一人の千願寺僧(せんがんじそう)がここの寺を訪れ、携えて来た1本の杖を帰りぎわに門前へ突きさして行ったものが、根付いて枝葉を出し次第に成長し大樹になったと伝えられる。
この樹はシナノキ科に属する落葉高木で、枝分かれしてよく茂り、葉の先端裏側に灰かっ色の毛が密生し、球形の実を結ぶ変わった習性で、樹肌や葉で疣(いぼ)をこすると不思議によく癒るといわれている。
約800~900年を経たといわれた老木の主幹は枯れ、今は台木から出た10本近くの芽木が大木となっている。
インドの釈迦がその下で菩提を成就し、仏となったといわれる菩提樹とは違うが、県下には珍しい樹種である。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 生涯学習課

電話: 0475-20-1559 ファクス: 0475-20-1607

お問い合わせフォーム