ページの先頭です

蓮福寺の大公孫樹

[2015年2月25日]

蓮福寺の大公孫樹(れんぷくじのおおいちょう)

茂原市指定文化財(昭和48年1月10日指定)

  • 所在 茂原市本納3101番地
  • 所有 蓮福寺
蓮福寺の大公孫樹

樹令約四百年、目通り3メートル70センチメートル、枝葉は四方に繁茂し、幹の中央に樫(かし)の寄生木(やどりぎ)を抱え、枝間18メートルに及ぶ古木である。
夏はこまやかな緑陰を憩いの場に、秋深まれば樹下金繍(じゅかきんしゅう)を敷き、野だて、俳会の催しなど地元とのえにしは浅からぬものがある。
この公孫樹は、三十年程前に焼失した蓮見池のほとりの名木「臥竜の松(がりゅうのまつ)」とともに蓮福寺の開祖、日遊上人によって植えられたものと伝えられている。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 生涯学習課

電話: 0475-20-1559 ファクス: 0475-20-1607

お問い合わせフォーム