ページの先頭です

白鳥庫吉生誕の地

[2020年8月18日]

白鳥庫吉生誕の地(しらとりくらきちせいたんのち)

茂原市指定文化財(昭和48年1月10日指定)

  • 所在 茂原市長谷225番地
  • 所有 個人
白鳥庫吉生誕の地

白鳥庫吉は元治2(1865)年2月4日、上総国長柄郡長谷村に生まれ、千葉中学校・第一高等学校に学んだ。中学時代の恩師である那珂通世(東洋史学者)・三宅米吉(考古学者)等の影響を受け、歴史学の道に進む。
卒業後、大学予備門から東京帝国大学に入学し、明治23(1890)年に史学科を卒業、学習院教授となった後、東京帝国大学教授となって東洋史の研究に力を注いだ。また研究の他「東洋文庫」の設立にも尽力した。弟子には津田左右吉などがいる。
大正14年に停年退職したが、その際「これで書生に返った」と言ってペルシャ語の研究に着手するなど、精力旺盛な東洋史の世界的権威であり「邪馬台国北九州説」を主張したことでも有名。『西域史研究』『満州歴史地理』の外、多数の著書があり、千葉県の先賢中の一人になっている。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 生涯学習課

電話: 0475-20-1559 ファクス: 0475-20-1607

お問い合わせフォーム