ページの先頭です

白鳥庫吉生誕の地

[2015年2月25日]

白鳥庫吉生誕の地(しらとりくらきちせいたんのち)

茂原市指定文化財(昭和48年1月10日指定)

  • 所在 茂原市長谷225番地
  • 所有 個人
白鳥庫吉生誕の地

白鳥庫吉は元治2年(1865年)2月4日上総国長谷長柄郡村に生れ小学校を終えて千葉中学第一高等学校に学んだ。中学時代の恩師である那珂通世(東洋史学者)、三宅米吉(考古学者)等の感化影響は大きかった。
卒業後、大学予備門から、東京帝国大学に進み、明治23年史学科卒業、学習院教授となり、後、東京帝国大学教授となり東洋史の研究に力を注いだ。また研究の他「東洋文庫」の設立にも尽力した。
大正14年停年退職した。庫吉は、退職に当り「これで書生に返った」といって、ペルシャ語の研究に着手した程で、東洋史の世界的な権威者で、千葉県の先賢中の一人になっている。「西域史研究」「満州歴史地理」外多数の著書がある。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 生涯学習課

電話: 0475-20-1559 ファクス: 0475-20-1607

お問い合わせフォーム