ページの先頭です

常泉桃村三畏塾跡

[2015年2月25日]

常泉桃村三畏塾跡(つねいずみとうそんさんいじゅくあと)

茂原市指定文化財(昭和48年1月10日指定)

  • 所在 茂原市柴名238番地
  • 所有 個人
常泉桃村三畏塾跡

常泉桃村は、柴名村の常泉穂波の長男として天保元年(1830年)江戸で生れた。
長ずるに及び旗本、平岩節斎(せっさい)について国学を修め、加茂真淵(まぶち)平田篤胤(あつたね)に私淑したのち柴名に帰り、父穂波の創設した三畏塾で近在の子弟の教育にあたった。
明治3年宮谷県令、柴山典(文平)は桃村を社祠局主事兼郷校教授とし、明治6年には神祠官(じんぎかん)より教導職を授けられた。一方村吏ともなり村の発展につくしたが、明治28年66歳でなくなった。
桃村は和漢の学に長じ、特に書道にも勝れていた。著書に「周易妙解(しゅうえきみょうかい)」「劉向新序注(りゅうこうしんじょちゅう)」等がある。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 生涯学習課

電話: 0475-20-1559 ファクス: 0475-20-1607

お問い合わせフォーム