ページの先頭です

木造十一面観音立像

[2015年2月25日]

木造十一面観音立像(もくぞうじゅういちめんかんのんりゅうぞう)

茂原市指定文化財(昭和55年11月19日指定)

  • 所在 茂原市中善寺644番地
  • 所有 行徳寺
木造十一面観音立像

檜の寄木造りで像高72.8センチメートルで、頭部は差し首となっており、白毫(びゃくごう)は木製、口唇部に朱がさされている。頭部の化佛(けぶつ)はいずれも傷みが著しく、特に中央の如来立像は顔が欠けてさだかでない。
両腕は肩の部分で矧(は)いである。全体は蓮肉に足枘(あしほぞ)で固定され、両足先は裾から先が矧ぎつけになっている。衣文(えもん)線の彫りは浅く、曲線は美しい。観音の顔面には虫食いの痕があり、左手先は現存せず光背も失われている。
像の胎内に墨書銘があり、また銘札が納められていた。銘札には天文3年(1534年)とあり、室町時代の作であることがわかる。像容は優美で気品がある。この像は本堂右脇の厨子に安置され、一説にはもと他寺にあったものが当寺に移されたいわゆる客佛(きゃくぶつ)といわれる。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 生涯学習課

電話: 0475-20-1559 ファクス: 0475-20-1607

お問い合わせフォーム