ページの先頭です

石造釈迦如来立像

[2015年2月25日]

石造釈迦如来立像(せきぞうしゃかにょらいりゅうぞう)

茂原市指定文化財(昭和55年11月19日指定)

  • 所在 茂原市茂原1201番地
  • 所有 藻原寺
石造釈迦如来立像

胴部で継ぎ合わせた丈六の丸彫立像で、合掌印を結び、衣文の彫法も浅く、整然としている。慈愛に満ちた童顔で、現世を静かに見守る姿は素晴らしく、かなりの石工の手になるものであることがうかがわれる。
釈迦如来の印相は通常説法印であるが、この像のように合掌印は珍しい。これは石彫りの制約から彫り易さや、強度の点を考慮したものと思われる。
台座は蓮華座で、銘文によると元禄四年(1691年)に造立したとある。市内に現存する石仏中最大のものでかつ彫技も優秀である。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 生涯学習課

電話: 0475-20-1559 ファクス: 0475-20-1607

お問い合わせフォーム