ページの先頭です

インフルエンザの流行状況について

[2016年12月7日]

インフルエンザの流行状況について

普通のかぜの多くは、のどの痛み、鼻水、くしゃみや咳などの症状が中心で、全身症状はあまりみられませんが、インフルエンザはそれらの症状のほかに突然の38度以上の発熱や頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身の症状が現れます。 また、気管支炎や肺炎、小児では中耳炎、熱性けいれんや脳症などを併発して、重症化することもあるため、高齢者や小児では特に注意が必要です。

千葉県内の流行状況は、千葉県ホームページ「インフルエンザ流行状況」をご覧ください。

インフルエンザの予防等について詳しくは、厚生労働省ホームページ「今冬のインフルエンザ総合対策について」をご覧ください。

また、インフルエンザは感染した人からの咳、くしゃみ、唾液などの飛沫とともに、放出されたウイルスを口や鼻から吸引することで感染します。

 

インフルエンザを予防するには、

・手洗いうがいをまめにしよう

・日頃から十分な休養をとり、免疫力を高めましょう。

・室内では加湿と換気をよくしましょう

等、以上のことをおすすめします。

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 市民部 健康管理課

電話: 0475-20-1574 ファクス: 0475-20-1600

お問い合わせフォーム


インフルエンザの流行状況についてへの別ルート