ページの先頭です

B型肝炎ワクチン

[2016年9月30日]

B型肝炎ワクチンが平成28年10月から定期予防接種になります。

今まで任意接種(予防接種法の対象ではないが、希望者が自費で受けることができる予防接種)だったB型肝炎ワクチンが、平成28年10月1日から定期予防接種になります。 ウイルス性肝炎には、現在、A、B、C、D、Eの5つの型が知られています。一過性の感染で終わる場合と持続感染となる場合があります。慢性の肝炎になると一部の人は将来肝硬変や肝がんなどの心配があります。

対象者

1歳未満の者(ただし平成28年4月1日以降に生まれた方)

接種方法

27日以上の間隔をおいて2回接種。

さらに第1回目の接種から139日以上の間隔をおいて1回 。

合計3回接種

標準的な接種期間

生後2~9カ月未満

接種費用

無料(平成28年10月以降、1歳未満で接種した分が対象)

注意事項

任意接種として既にB型肝炎ワクチンを受けたことがある者は、接種した回数分の接種を受けたものとみなします。

母子感染予防のために健康保険によりB型肝炎ワクチンの投与を受けた方は定期接種の対象外となります。

※B型肝炎ワクチンの予診票には「ラテックス過敏症ですか」という質問があります。ラテックス過敏症の心配がある場合、もしくは過敏症の有無が分からない場合にはご相談ください。

注:ラテックス過敏症とは天然ゴムの製品に対する即時型の過敏症です。ラテックス製の手袋を使用時にアレルギー反応がみられた場合に疑います。B型肝炎ワクチン2種類のうち、1種類のワクチンの容器にラテックスゴム栓が使用されています。

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 市民部 健康管理課

電話: 0475-20-1574 ファクス: 0475-20-1600

お問い合わせフォーム


B型肝炎ワクチンへの別ルート