ページの先頭です

平成28年12月から洗濯表示が変わりました

[2016年12月9日]

平成28年12月1日から、衣類等の繊維製品の洗濯表示が新しい記号に変更されました。

新しい洗濯表示では、洗濯記号の種類が22種類から41種類に増え、繊維製品の取り扱いに関するよりきめ細かい情報が提供されるようになります。

また、国内外で洗濯表示が統一されることにより、海外で購入した衣類等の繊維製品の取り扱いなどを円滑におこなえるようになると考えられ、一般消費者の利便性の向上が期待できます。

新しい洗濯表示のポイント

・5つの「基本記号」と「付加記号」や「数字」の組み合わせで構成されます。

・記号の種類が22種類から41種類に増え、より細かな表示に変わります。

・記号だけでは伝えられない情報は、簡単な言葉で記号の近くに記載されます。(付記用語)

 (例) 洗濯ネット使用、中性洗剤使用、あて布使用など

・表示は、家庭洗濯、漂白、乾燥、アイロン等の処理の上限を表しています。

 記号が示す強さか、それより弱い範囲内で洗濯等をしましょう。

・家庭での乾燥の記号に、「タンブル乾燥」の記号が新たに加わります。

・商業クリーニングの記号に「ウエットクリーニング」の記号が新たに加わります。

・家庭での漂白の記号に、「酸素系漂白剤」の記号が追加されます。

 

※詳しくは消費者庁ホームページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

 

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 市民部 生活課

電話: 0475-20-1505 ファクス: 0475-20-1600

お問い合わせフォーム