ページの先頭です

速水御舟(日本画)

[2020年3月5日]

茂原市立美術館・郷土資料館収蔵の速水御舟の作品

略歴

速水御舟(はやみ ぎょしゅう)(1894~1935) 

明治27年、東京都浅草出身。当時の本名は蒔田栄一(まきた えいいち)。

父親は、現在の茂原市山崎出身であったことから、御舟も茂原を訪れていた。

明治41年、松本楓湖(まつもと ふうこ)の安雅堂画塾(あんがどうがじゅく)に入門。やがて禾湖(かこ)の号を与えられる。当初は巽画会(たつみがかい・楓湖門の村岡応東が創立)への出品・受賞を続けた。楓湖門下の今村紫紅(いまむら しこう)に出会い、紅児会(こうじかい・安田靫彦が中心の歴史画研究会)に入会。

17歳の時、号を自ら浩然(こうねん)とし、やがて大正3年には、母方の速水姓を名乗り、号を自ら御舟とする。同年、再興第1回院展に入選、院友となった。さらに同年、今村紫紅を中心に小茂田青樹(おもだ せいじゅ)らと共に赤曜会(せきようかい)結成に参加。(フランスのアンデパンダン展にならい、テント張りの屋外展などの活動をした) この頃の作風は、紫紅の影響が色濃く、点描による詩的な雰囲気のある風景画が中心である。

大正6年より、4年間京都で活動。再興第4回院展にて早くも同人(審査員)となる。大正7年の『洛北修学院村』(滋賀県立近代美術館蔵)に代表されるような群青を基調とした作品が多くなる。

その後、西洋の写実を採り入れていた岸田劉生(きしだ りゅうせい)の影響を受け、細密描写作品が多くなる。特に大正9年の『京の舞妓』(東京国立博物館蔵)などに代表される。

大正12年の『炎舞』(山種美術館蔵・重要文化財)は、特に傑作。写実を進めた独自の形態・装飾性のある作品が多くなる。

他に『翠苔緑芝』(昭和3年・山種美術館蔵)、『名樹散椿』(昭和4年・山種美術館蔵・重要文化財)なども傑作。

昭和5年に欧州旅行。帰国後、人物画に取り組み、さらに新しい作品を生み出そうとしたが、昭和10年、40歳の若さで急逝。


主な収蔵品

速水御舟の収蔵作品数は計4点(うち1点は写生、うち1点は素描)です。

その他に寄託資料として、初期作品『猫柳に小禽』(ねこやなぎにしょうきん)、『秋草に蜻蛉』(あきくさにとんぼ)、最晩年の『円かなる月 習作』などの8点、素描、習作など36点、さらに御舟が使用した絵具36点などの収蔵があります。(ホームページへの画像掲載は、現在のところは、ございません)

平成14年に速水御舟の企画展を開催済みです。くわしくはこちらの文字列をクリック

ご注意 画像の転載・利用を禁じます。

速水御舟「暮雪」

速水御舟(当時は蒔田浩然)「暮雪」(ぼせつ) 絹本彩色  大正2年(1913)作 51.0×40.8cm
御舟17歳の時の雅号「浩然(こうねん)」の時の作。
輪郭線による描写ではなく、横山大観らが用いた朦朧体(もうろうたい)により、雪のやわらかな質感を表現している。



速水御舟「短夜」

速水御舟「短夜」(みじかよ) 絹本彩色 大正4年(1915)作 50.0×74.5cm
兄弟子の今村紫紅の影響の濃い南画的な作風である。
御舟は、後に群青色を多用する作風になるが、その過渡期というべき群青色の使われた作品。
当時御舟は、東京目黒の吉田弥一郎本邸の門前にある吉田家の持ち家に住んでいた。画中の蚊帳の中で横たわる人物は、弥一郎の息子で、御舟の良き理解者であった吉田幸三郎である。後に御舟は、この幸三郎の妹 弥(いよ)と結婚することとなる。

速水御舟「廣庭立夏 素描」(こうていりっか そびょう) 紙本彩色 大正11年(1922)作 28.0×38.0cm
本図は第9回院展出品の『広庭立夏』(こうていりっか)の素描で、親戚にあたる現 茂原市山崎の加藤音吉宅に滞在中、隣家の鈴木家の長屋門を描いたものである。郷土ゆかりの作品として大変意義深い1点である。

速水御舟「鶉、伊勢海老、鴫 写生」

速水御舟「鶉、伊勢海老、鴫 写生」(うずら、いせえび、しぎ しゃせい) 紙本淡彩 昭和3年(1928)作 42.4×66.4cm
細密描写要素を含んだ写生で、本図に描かれている鴫は、滋賀県立近代美術館蔵の『鴫柿実』の写生である。

関連コンテンツ

美術収蔵品ご案内【茂原市立美術館・郷土資料館】

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 茂原市立美術館・郷土資料館

電話: 0475-26-2131 ファクス: 0475-26-2132

お問い合わせフォーム