ページの先頭です

黒田古郷(日本画)

[2020年3月5日]

茂原市立美術館・郷土資料館収蔵の黒田古郷の作品

略歴

黒田古郷(くろだ こきょう)(1893~1967) 速水御舟の関連作家

明治26年、東京出身。明治41、松本楓湖の安雅堂画塾に入門。明治44年から、巽画会(楓湖門下の人物が創設したもの・御舟も出品していた)への出品・受賞をする。

大正2年に、御舟らとともに京都で共同生活し、制作活動。大正3年、御舟らとともに赤曜会結成に参加。現在の院展にも院友として参加し、細やかな描写の花鳥画を残した。その他、数々、御舟と共に活動している。

特に小茂田青樹との親交が厚かったが、御舟・青樹の没後は、古典的な画風となっていった。昭和42年没。


主な収蔵品

黒田古郷の収蔵作品数は計3点です。このうち2点を掲載しています。

ご注意 画像の転載・利用を禁じます。

黒田古郷「山茶花」

黒田古郷「山茶花」 絹本金地彩色 大正後期作 21.2×18.0cm

黒田古郷「鶉」

黒田古郷 「鶉」(うずら) 絹本彩色 昭和元年~11年(1926~36)頃作 128.6×41.1cm

関連コンテンツ

美術収蔵品ご案内【茂原市立美術館・郷土資料館】

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 茂原市立美術館・郷土資料館

電話: 0475-26-2131 ファクス: 0475-26-2132

お問い合わせフォーム