ページの先頭です

石井晴子(洋画)

[2020年3月5日]

茂原市立美術館・郷土資料館収蔵の石井晴子の作品

略歴

石井晴子(いしい せいこ)(1943~) 郷土ゆかりの洋画家 石井武夫氏夫人

昭和18年、秋田市に生まれる。同40年、東京教育大学芸術学科(現 筑波大)卒業後、東京デザイナー学院に2年間勤務。同46年より13年間、女流画家協会展に出品。同51年、画廊ジャルダン(秋田市)にて石井武夫氏と二人展(以後5年間開催)。同52年より主体展に出品、以後連続出品。同55年、主体展 佳作作家(主体展では、賞は設けられておらず、賞に匹敵するものとして佳作作家という形をとる)となり、翌年、女流展にて東京新聞社賞受賞。

平成7年、主体展会員推挙。同18年、秋田アトリオンにて、石井武夫・石井晴子回顧展開催の後、当館に作品寄贈。他に銀座・京橋等で個展・グループ展等多数。


主な収蔵品

石井晴子の収蔵作品数は計4点です。

ご注意 画像の転載・利用を禁じます

石井晴子「幻想の風」

石井晴子「幻想の風」 キャンバス・油彩 平成8年(1996)作 72.8×53.3cm

石井晴子「星降る夜」 キャンバス・油彩 平成15年(2003)年作 72.8×53.1cm
女性の身に付けているアクセサリーは本物である。これは既製品ではなく、彫金作品も手掛ける作者の作品である。また、よく見ると、女性の服も、別素材が使われているが、違和感なく作品に溶け込んでいる。

石井晴子「都会の憂鬱2」

石井晴子「都会の憂鬱2」 キャンバス・油彩 平成18年(2006)年作 130.0×162.1cm
作者は、都市生活をテーマとした作品を数多く描いている。
誰もが心の奥に何かを抱えているであろう内面を描いた作品。

石井晴子「風の日に」

石井晴子「風の日に」 キャンバス・油彩 制作年不明 162.0×130.3cm

関連コンテンツ

美術収蔵品ご案内【茂原市立美術館・郷土資料館】

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 茂原市立美術館・郷土資料館

電話: 0475-26-2131 ファクス: 0475-26-2132

お問い合わせフォーム