ページの先頭です

今関一馬(洋画)

[2020年3月5日]

茂原市立美術館・郷土資料館収蔵の今関一馬の作品

略歴

今関一馬(いまぜき かずま) (1926~2009)

今関啓司(春陽会創立会員 現長南町(茂原市に隣接)出身)の長男として大正15年、東京都に生まれる。茂原市内に一時居住。

昭和26年、東京大学を中退し、作家活動に入る。昭和34年、第33回 国画会展に初出品し、会友となる。翌年の国画会展では、会友優作賞を受賞し、会員となった。人物・静物などあらゆる題材を描く他、十数回の渡欧取材、個展多数開催。

国画会会員、写実画壇会員、横浜美術協会会員であった

主な収蔵品

今関一馬の収蔵作品数は、計1点です。

ご注意 画像の転載・利用を禁じます

今関一馬「アクロポリス」

今関一馬「アクロポリス」 キャンバス・油彩 昭和60年(1985)作 97.2×130.5cm

関連コンテンツ

美術収蔵品ご案内【茂原市立美術館・郷土資料館】

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 茂原市立美術館・郷土資料館

電話: 0475-26-2131 ファクス: 0475-26-2132

お問い合わせフォーム