ページの先頭です

吉田登穀(日本画)

[2020年3月5日]

茂原市立美術館・郷土資料館収蔵の吉田登穀の作品

略歴

吉田登穀(よしだ とうこく)(1883~1962) 

明治16年、現 千葉県夷隅郡大原町出身。本名 喜代二。大正2年、松林桂月に師事し、南画、花鳥画を学ぶ。同9年、第2回帝展に初入選し、以降、新文展に出品。

昭和21年、第2回日展で特選受賞。同27年以降は、しばしば審査員をつとめ、同28年第9回日展出品作は玉堂賞受賞、文部省買上げとなった。

なお、茂原ゆかりの日本画家 石井公男は、吉田登穀に教えを受けている。


主な収蔵品

吉田登穀の収蔵作品数は計1点です。

ご注意 画像の転載・利用を禁じます。

吉田登穀「桃花小禽」

吉田登穀「桃花小禽」(とうかしょうきん) 紙本彩色 制作年不明 27.2×24.2cm
郷土の日本画家 石井公男は、高校卒業間もなく吉田登穀に教えを受けている。本作は、平成15年、題を付した石井公男氏より寄贈を受けた作品。 

関連コンテンツ

美術収蔵品ご案内【茂原市立美術館・郷土資料館】

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 茂原市立美術館・郷土資料館

電話: 0475-26-2131 ファクス: 0475-26-2132

お問い合わせフォーム