ページの先頭です

石井 滋(彫刻)

[2020年3月5日]

茂原市立美術館・郷土資料館収蔵の石井 滋の作品

略歴

石井 滋(いしい しげる)(1912~1998)

明治45年、茂原市に生まれる。昭和6年、県立長生中学校(現 県立長生高校)卒業。

昭和8年に内藤伸(彫刻家・1882~1967日本木彫会創立者、日展顧問)に師事。日本木彫会会員となる。同11年に日展初入選し、以後入選を重ねる。個展を中心に作品発表の場を求め、昭和18年の銀座村松ギャラリーを皮切りに個展発表を続けた。

東京都杉並区に在住していた。平成10年に没。


主な収蔵品

石井 滋の収蔵作品数は計2点です。

ご注意 画像の転載・利用を禁じます。

石井滋「少女」

石井 滋「少女」 木彫 制作年不明 112.0×27.0×27.0cm

石井滋「裸婦」

石井 滋「裸婦」 木彫 昭和40年代頃(1965~74)作 100.0×40.0×50.0cm
作者の作品「鷹」には猫が飛びかかった、作品「牛」には犬が吠えかかったというエピソードがある。
裸婦も作者が複数制作した典型的な作品で、存在感あるものである。

関連コンテンツ

美術収蔵品ご案内【茂原市立美術館・郷土資料館】

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 茂原市立美術館・郷土資料館

電話: 0475-26-2131 ファクス: 0475-26-2132

お問い合わせフォーム