ページの先頭です

上瀧勝治(工芸・陶磁器)

[2020年3月5日]

茂原市立美術館・郷土資料館収蔵の上瀧勝治の作品

略歴

上瀧治(うわたき かつじ) (1941~ )

昭和16年、現 佐賀県有田町岩谷川内に瀧山窯主 上瀧与吉の次男として生まれる。同34年 有田工業高校窯業科卒業。

昭和48年に千葉県佐倉市に築窯(勝山窯)、独立。同50年より伝統工芸新作展、日本伝統工芸展に入選を続ける。翌年、伝統工芸新作展で優秀賞。同52年から日本陶芸展に入選を続ける。同53年、田村耕一に師事し葆光布染彩磁(磁器の光沢のない、つや消しの技法)の研究を始める。

昭和55年 日本工芸会正会員となる。同58年 伝統工芸新作展奨励賞。同61年伝統工芸新作展鑑審査員を務め、翌年 同展優秀賞、日本橋三越での初個展開催(以降、開催)。

平成6年 伝統工芸新作展作品が宮内庁買上。同8年 現代日本陶磁の秀作「アジア巡回展」出品。同19年 千葉県教育功労者。同21年 日本橋三越にて正臙脂(金赤)展開催、伝統工芸陶芸部会で日本工芸会賞受賞。

主な収蔵品

上瀧勝治の収蔵作品数は1点です。

ご注意 画像の転載・利用を禁じます。

上瀧勝治「葆光布染彩磁壺」

上瀧勝治「葆光布染彩磁壺」(ほうこうぬのぞめさいじつぼ) 磁器  昭和61年(1986)作 高さ36.0×径19.0cm
日本工芸会東京支部第26回伝統工芸新作展

関連コンテンツ

美術収蔵品ご案内【茂原市立美術館・郷土資料館】

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 茂原市立美術館・郷土資料館

電話: 0475-26-2131 ファクス: 0475-26-2132

お問い合わせフォーム