ページの先頭です

吉田左源二(デザイン・工芸)

[2020年3月5日]

茂原市立美術館・郷土資料館収蔵の吉田左源二の作品

略歴

吉田 左源二(よしだ さげんじ) (1925~1999)

大正14年、現 高知県安芸市生まれ。昭和22年東京美術学校工芸科図案部(現東京藝術大学)卒業。

昭和44年、東京藝術大学助教授となる。翌年、イスラム文様研究のためアラブ諸国、スペイン、フランス、イタリアへ遊学。

昭和53年、東京藝術大学教授となり、同58年、文部省大学設置審議会委員となる。

平成2年、秋篠宮家御紋「菊に栂」と、秋篠宮妃殿下御印「檜扇あやめ」をデザイン。

平成4年、東京藝術大学教授を退官、同大名誉教授となる。

平成5年 皇太子妃殿下御印「はまなす」をデザイン。

平成7年、当館特別展「吉田左源二とグループ展」開催。


主な収蔵品

吉田左源二の収蔵作品数は1点です。

平成7年、当館特別展「吉田左源二とグループ展」を開催。

ご注意 画像の転載・利用を禁じます。

吉田左源二「現在・過去・未来」

吉田左源二「現在・過去・未来」 陶板 平成6年(1994)作 515.0×407.0cm
当館ロビーの壁面に常設されている作品で、当館開館に合わせて設計、完成された作品。
下部の青(トルコブルー)は、ひめはるの里の花菖蒲を題材とした「現在」、中央は、国府関遺跡を題材とした「過去」、そして上部の白が「未来」を表した作品。

関連コンテンツ

美術収蔵品ご案内【茂原市立美術館・郷土資料館】

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 茂原市立美術館・郷土資料館

電話: 0475-26-2131 ファクス: 0475-26-2132

お問い合わせフォーム