ページの先頭です

大倉谷山(書)

[2020年3月5日]

茂原市立美術館・郷土資料館収蔵の大倉谷山の作品

略歴

大倉 谷山 (おおくら こくざん)  (1942~2019)

昭和17年、現 秋田県能代市に生まれる。本名報三。

昭和41年、國學院大學文学部史学科を卒業し、千葉県立勝浦高校、茂原高校の社会科教諭を務める。同45年より、鈴木方鶴に師事し、桑原翠邦、淺沼一道に益を受ける。

昭和49年、第3回全書芸展(全日本書芸文化院)での準大賞受賞を皮切りに書宗院展、無心会書展等への出品を重ねてゆく。同55年からは書道教諭として県立姉崎高校、薬園台高校、千葉高校を歴任。

昭和59年、千葉県展にて市長賞等を受賞。

無心会会長、全日本書芸文化院代表書宗院客員、千葉県美術会理事、千葉県書道協会理事、玄鳥書院代表、谷山書院主宰、茂原市書道協会顧問であった。

主な収蔵品

大倉谷山の収蔵作品数は1点です。

ご注意 画像の転載・利用を禁じます。

岩波白鵬「蘭図」

大倉谷山「照天燭」(しょうてんしょく) 紙本墨 本間二曲一隻屏風 平成24年(2012)作 各137.7×69.5cm 二対
古稀記念 大倉谷山書展(平成24年 銀座鳩居堂画廊)出品
古稀すなわち70歳を記念した個展に出品した作。天を明るく照らすという意味で、「今の世界的な閉塞感の中で人が生きていく為に明るさが灯れば」との想いを込めた作品。

関連コンテンツ

美術収蔵品ご案内【茂原市立美術館・郷土資料館】

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 茂原市立美術館・郷土資料館

電話: 0475-26-2131 ファクス: 0475-26-2132

お問い合わせフォーム