ページの先頭です

奥村敬峰(書)

[2020年3月5日]

茂原市立美術館・郷土資料館収蔵の奥村敬峰の作品

略歴

奥村 敬峰 (おくむら けいほう)  (1933~)

昭和8年、福岡県大牟田市に生まれる。

昭和45年より、仲野熹峰に師事。

平成3年、第8回読売書法展で秀逸を受賞。 同年の第39回書星展、平成6年の第42回書星展では天象賞受賞。同年の第35回太玄展での新人賞受賞、翌年の奨励賞受賞。

平成12年,13年、第17回,18回読売書法展特選を連続受賞等、現在鋭意活躍中である。

現在 書星会審査員、千葉県書道協会会員、千葉県美術会会員 等


主な収蔵品

奥村敬峰の収蔵作品数は1点です。

ご注意 画像の転載・利用を禁じます。

奥村敬峰「明詩 五絶三首」

奥村敬峰「明詩 五絶三首」(みんし ごぜつ さんしゅ) 紙本墨 平成6年(1994)作 231.8×52.0cm
第42回 書星会 天象賞受賞

白日依山盡  黄河入海流  欲窮千里目  更上一層樓
白日(はくじつ)山に依(よ)りて盡(つ)き
黄河 海に入りて流る
千里の目を窮(きわ)めんと欲し
更に一層(いっそう)の樓(ろう)に上る

暑氣暁来清  時時聞遠鶯  還思故園路  松下緑苔生

暑氣(しょき)暁来(きょうらい)清く
時時(じじ) 遠鶯(えんおう)を聞く
還(ま)た思う 故園(こえん)の路(みち)
松下(しょうか) 緑(りょく) 苔生(たいしょう)ぜんと

姚黄未可滉  嬌客最檀名  東風無限力  吹偏洛陽城

姚黄(ようこう)は 未(いま)だ得(う)べからざるも
嬌容(きょうよう) 最も名を檀(ほしいまま)にす
東風 限りなきの力
吹いて 洛陽(らくよう)の城に偏(あま)ねし

関連コンテンツ

美術収蔵品ご案内【茂原市立美術館・郷土資料館】

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 茂原市立美術館・郷土資料館

電話: 0475-26-2131 ファクス: 0475-26-2132

お問い合わせフォーム