ページの先頭です

小谷碧洞(書)

[2020年3月5日]

茂原市立美術館・郷土資料館収蔵の小谷碧洞の作品

略歴

小谷 碧洞 (こたに へきどう)  (1901~1942)

明治34年、現 館山市に生まれる。大正10年、県立安房中学校卒業。同年、安房郡役所を経て千葉県庁知事官房に勤務。

昭和3年より浅見喜舟、板倉花巻と共に、国華会を主宰する木俣曲水の許へ出入りする。昭和5年に書道研究有隣会を主宰。独特の書風を創出し、特に古法帖の研究については当時著名であった。泰東書道院審査員、興亜書道連盟賛助員を務め、官房主事の激務の傍ら書に打ち込んだ。昭和17年、42歳で没する。


主な収蔵品

小谷碧洞の収蔵作品数は1点です。

ご注意 画像の転載・利用を禁じます。

小谷碧洞「雲福北斗」

小谷碧洞「雲福北斗」 紙本墨 昭和12年(1937)作 139.3×34.1cm

雲福北斗成大象 
酒近南山作寿盃

読み 雲は北斗福(ふく)し 大象を成す
   酒は南山に近く 寿盃を作(さく)す
 

関連コンテンツ

美術収蔵品ご案内【茂原市立美術館・郷土資料館】

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 茂原市立美術館・郷土資料館

電話: 0475-26-2131 ファクス: 0475-26-2132

お問い合わせフォーム