ページの先頭です

飛田冲曠(書)

[2020年3月5日]

茂原市立美術館・郷土資料館収蔵の飛田冲曠の作品

略歴

飛田冲曠 (とびた ちゅうこう)  (1952~)

昭和27年、千葉県成田市に生まれる。

昭和46年、日暮曠岱に師事し、同50年に浅見錦龍に師事。昭和59年、日展初入選。平成5年、第35回太玄展で記念賞を受賞。同5,6年には読売書法展で読売新聞社賞を連続受賞している。

現在 書星会常任理事、読売書法会理事、太玄会理事・実行委員、

    千葉県美術会理事、千葉県書道協会総務 等


   

主な収蔵品

飛田冲曠の収蔵作品数は計4点です。

ご注意 画像の転載・利用を禁じます。

飛田冲曠「李渉詩 二首」

飛田冲曠「李渉詩 二首」 紙本墨 平成5年(1993)作 227.1×52.3cm
第10回 読売書法展 読売新聞社賞受賞

飛田冲曠「良寛詩」

飛田冲曠「良寛詩」(りょうかんし) 紙本墨 平成17年(2005)作 136.1×33.7cm
千葉日報書道展(第32回千葉 書檀秀抜展)

飛田冲曠「江碧鳥逾白」

飛田冲曠「江碧鳥逾白」 紙本墨 平成17年(2005)作 82.9×21.2cm
登龍社書初展

杜甫の絶句の第一句である。
江碧鳥逾白
山青花欲然
今春看叉過
何日是歸年 
 
江碧にして鳥はいよいよ白く。
山青くして花は燃えんと欲す。
今春看(みすみ)す又過ぐ。何(いず)れの日か是れ帰年(きねん)ならん。


飛田冲曠「莫道風塵老」

飛田冲曠「莫道風塵老」 紙本墨 平成17年(2005)作 82.8×21.3cm
登龍社選抜展

風塵(ふうじん)で老(お)いたと道(い)うこと莫(な)かれ
 (夏目漱石詩)

(意) 俗世間にそまり老いてしまったといわない

関連コンテンツ

美術収蔵品ご案内【茂原市立美術館・郷土資料館】

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 茂原市立美術館・郷土資料館

電話: 0475-26-2131 ファクス: 0475-26-2132

お問い合わせフォーム