ページの先頭です

仲野神香(書)

[2020年3月5日]

茂原市立美術館・郷土資料館収蔵の仲野神香の作品

略歴

仲野 神香 (なかの しんか)  (1947~)

昭和22年生まれ。本名 文子。

大東文化大学日本文学科卒業後、県立高校書道教諭として茂原高校、長生高校、茂原農業高校(当時)、九十九里高校を歴任。

千葉県美術会(県展)では美術会賞、知事賞、市長賞(2回)を受賞。

書星会では天象賞、特選を受賞。

現在 千葉県美術会準依嘱、書星会師表、読売書法会会友(仮名部門)

書星会参与を務めた父 仲野熹峰(1914~1995)の創設した啓新書道会を主宰。


   

主な収蔵品

仲野神香の収蔵作品数は1点です。

ご注意 画像の転載・利用を禁じます。

仲野神香「山歌集より四首」

仲野神香「山歌集より四首」(さんかしゅう より よんしゅ) 紙本墨 平成21年(2009)作 38.0×167.0cm
第61回 千葉県展
山家集は、平安末期の歌僧 西行法師の歌集で、山家和歌集、西行法師歌集の別名がある。
  
山里は霞みわたれるけしきにて空にや春の立つを知るらむ
ふりつみし高嶺のみ雪とけにけり清瀧川の水(みづ)のしらなみ
うぐひすのこゑぞ霞にもれてくる人目ともしき春の山里
梅が香にたぐへて聞けばうぐひすの聲なつかしき春の山ざと

関連コンテンツ

美術収蔵品ご案内【茂原市立美術館・郷土資料館】

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 茂原市立美術館・郷土資料館

電話: 0475-26-2131 ファクス: 0475-26-2132

お問い合わせフォーム