ページの先頭です

白井花径(書)

[2020年3月5日]

茂原市立美術館・郷土資料館収蔵の白井花径の作品

略歴

白井 花径 (しらい かけい)  (1929~)

昭和4年、現 茂原市上永吉に生まれる。同21年、現 千葉県立樟陽高校を卒業し、同23年に、板倉花巻の設立した大成書道会に入門。

昭和31年に千葉県展に初入選、以降7回連続入選。同33年には、全日本書芸文化院に入る。

昭和38年、全日本書芸文化院主催の全国書初展で推薦(最高賞)受賞。

昭和55年には第9回全書芸展にて準大賞受賞。

師 花巻が昭和21年に大成書道会を設立し、同43年に没するまで刊行した書道誌「松風」を継承し、同会代表として、編集刊行を続けている。大成書道会では、昭和63年、平成10年の2度にわたり、板倉花巻の遺墨集を発行。

当館共催団体の茂原市書道協会、上総書道会の設立時からの会員で、茂原市書道協会副会長、会長を務めた。


   

主な収蔵品

白井花径の収蔵作品数は1点です。

ご注意 画像の転載・利用を禁じます。

白井花径「昨是今非共忘却」

白井花径「昨是今非共忘却」 紙本墨 平成20年(2008)作 135.5×33.4cm

昨是今非共忘却 
只聴松風十二時
 禅語
 
昨是(さくぜ)今非(こんひ)共(とも)に忘却(ぼうきゃく)す。
只(ただ)聴(き)く松風(しょうふう)の十二時(じゅうにじ)なるを。 

いろいろな迷いを去り、松風の音の中から、宇宙の大自然の息吹を聴き、それと一体となった境地になりたいものだ。

この作品とよく似た禅語の書「昨日之非不可留 今日之是不可執」を、師 花巻が残している。
作者が、いかに花巻の素朴な美しさに感銘を受けているか読み取れるかのような作品である。


関連コンテンツ

美術収蔵品ご案内【茂原市立美術館・郷土資料館】

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 茂原市立美術館・郷土資料館

電話: 0475-26-2131 ファクス: 0475-26-2132

お問い合わせフォーム