ページの先頭です

濱﨑松岑(書)

[2020年3月5日]

茂原市立美術館・郷土資料館収蔵の濱﨑松岑の作品

略歴

濱﨑 松岑 (はまさき しょうぎん)  (1945~)

昭和20年、現 長生郡長生村に生まれる。本名 富子(とみこ)。

昭和60年、書星会入会。平成5年、書真会入会。同7年、書真会準師範となり、以後 岳南朝日新聞社賞,特選等を受賞。また、日本刻字展に初出品で初入賞、以後特選等を受賞。

平成9年、千葉県展に初入選、以降入選を続ける。同11年、日本刻字協会会員となり、翌年には毎日書道展(刻字の部)に初入選、以降入選を重ねる。

平成13年に書星会高師支部を結成、同15年、書星会師範昇格によって書星会社員となる。

平成16年に書真会茂原支部を結成。

平成17年、茂原駅前学習プラザにて第一回個展「還暦記念展」を開催。同22年書真会師範となる。

平成24年、書道研究 墨晨(ぼくしん)社師範(仮名)、同25年、毎日書道展会友となる。同26年、書縁会展会員賞を受賞、審査会員となる。

県内でも数少ない刻字作家として、刻字を広めたいと茂原市、当館に作品を寄贈。


   

主な収蔵品

濱﨑松岑の収蔵作品数は計3点です。

ご注意 画像の転載・利用を禁じます。

濱﨑松岑「草堂春睡足」

濱﨑松岑「草堂春睡足」 書(刻字) 板、彩色 平成14年(2002)作 35.0×135.0cm


草堂春睡足 
窓外日遅
 

読み 草堂(そうどう)に春睡(しゅんすい)足(た)りて 
窓外(そうがい)に日は遅々(ちち)たり

濱﨑松岑「象王回顧」

濱﨑松岑「象王回顧」(しょうおうかいこ) 書(刻字) 板、彩色 平成17年(2005)作 135.0×35.0cm

意味 象はいつでも王である

濱﨑松岑「我酔君復楽」

濱﨑松岑「我酔君復楽」 書(刻字) 板、彩色 平成21年(2009)作 34.7×135.0cm
第61回 千葉県展入選作

我酔えば君復(また)楽しむ

関連コンテンツ

美術収蔵品ご案内【茂原市立美術館・郷土資料館】

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 茂原市立美術館・郷土資料館

電話: 0475-26-2131 ファクス: 0475-26-2132

お問い合わせフォーム