ページの先頭です

松林雪貞(日本画)

[2020年3月5日]

茂原市立美術館・郷土資料館収蔵の松林雪貞の作品

略歴

松林貞(まつばやし せってい)  (1880~1970)

明治13年、福島県白河出身。本名 松林孝子。父 松林高風は旧白河藩家老の家の出である。

明治29年、17歳の時、野口幽谷(ゆうこく)に入門、翌年、日本美術協会展で二等褒状を受けた。

同34年、同門の伊藤篤(後の松林桂月)と結婚。その後は日本美術協会展に連続入賞、文展

にも入選するが、しだいに展覧会出品は減っていく。

写生に基づいた花鳥画が多く、しなやかな描線と余白のとりかたの巧みな、品位ある作風である。

主な収蔵品

松林雪貞の収蔵作品数は2点です。

ご注意 画像の転載・利用を禁じます。

松林雪貞「撫子」

松林雪貞「撫子」(なでしこ)(石井公男題) 紙本彩色 制作年不明 27.2×24.1cm

松林雪貞「未央柳」

松林雪貞「未央柳」(びょうやなぎ)(石井公男題) 紙本彩色 制作年不明 27.2×24.2cm
未央柳は中国原産、オトギリソウ科の低木で、葉の形が柳の葉に似ているが、柳の仲間ではない。

関連コンテンツ

美術収蔵品ご案内【茂原市立美術館・郷土資料館】

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 茂原市立美術館・郷土資料館

電話: 0475-26-2131 ファクス: 0475-26-2132

お問い合わせフォーム