ページの先頭です

茂原市名誉市民・前茂原市長 石井常雄様のご逝去について

[2020年5月8日]

茂原市名誉市民・前茂原市長 石井常雄様のご逝去について

 茂原市名誉市民、並びに前茂原市長の石井常雄氏(享年91歳)におかれましては、4月27日(月曜日)にご逝去されました。

 ここに謹んでお知らせいたします。

 なお、通夜、告別式については、近親者のみで行われました。

市長コメント

 茂原市名誉市民である、石井常雄様の突然の訃報に接し、大きな悲しみと惜別の念を禁じ得ません。

 石井様は、昭和63年、第10代茂原市長に就任されて以来、5期20年という長きにわたり市長職を務められ、茂原の発展と市民福祉の向上にご貢献されますとともに、長生郡市広域市町村圏組合管理者、九十九里地域水道企業団企業長、千葉県国民健康保険団体連合会理事長を歴任され、広域行政及び保険行政の向上に多大な貢献をされました。

 また、平成21年には、その温厚誠実にして品行方正なお人柄と、大きな功績により、茂原市名誉市民の称号を受章されました。

 ここに改めて石井様のご功績に深く敬意を表すとともに、衷心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

令和2年4月27日 茂原市長 田中豊彦。

功績等

 石井常雄氏は、昭和63年5月、地域住民から推されて茂原市長に当選以来、平成20年5月までの間、5期20年の永きにわたり在職し、市政の発展、住民福祉の向上に多大な貢献を果たされました。

 この間、教育文化事業においては、生涯学習に対する市民意欲の高まりを受け、平成6年に美術館・郷土資料館を建設、平成14年には駅前学習プラザを設置するなど社会教育の推進に貢献されました。

 また、市長就任当初から積極的に総合運動場の誘致に努め、平成14年には、今では屋外スポーツの拠点となった「長生の森公園」の建設に貢献されました。

 健康福祉事業においては、平成元年に「健康都市宣言」をし、「健康管理システム」を導入するとともに、平成3年に「茂原市保健センター」を建設し市民の健康増進に貢献されました。

 生活環境事業においては、高齢者等の移動制約者のために市民バスの運行を開始し、交通弱者の利便性の向上に貢献されました。

 都市基盤事業においては、平成4年3月に駅前広場及再開発ビルを完成させるとともに、JR茂原駅の東口と南口の一体 的市街地整備を図り「外房の中核都市茂原」の玄関口の整備を行いました。

 また、平成元年より平成20年5月まで「東金・茂原・木更津間首都圏中央連絡自動車道建設促進協議会長」に就任、圏央道の早期実現を目指し奔走し、千葉県及び茂原市のみならず沿線市町村の発展に大きく貢献されました。

 農業振興においては、地元農家の協力を得て、新鮮で安全・安心な農産物を地元消費者に供給する拠点として農産物直売所「旬の里ねぎぼうず」を設置した他、学校給食へも地元農産物を導入することで地産地消の推進に貢献されました。

 市民自治事業においては、庁舎の老朽化、狭隘に伴い新庁舎建設の必要性を唱え、平成8年3月に茂原市行政の拠点として新庁舎を建設しました。

 また、平成14年5月オーストラリアのソルズベリー市と姉妹都市提携を結び、市民をはじめ中学生等の海外派遣による友好親善を図るなど、国際交流に積極的に取り組み、国際化の推進に貢献されました。

表彰歴

平成18年 7月10日 国土交通大臣表彰(建設事業関係功労)

平成19年 6月 6日 全国市長会会長表彰(地方自治特別功労在職20年)

平成19年10月17日 法務大臣表彰(戸籍事務功労)

平成20年10月 3日 総務大臣表彰(地方自治行政功労)

平成21年 2月21日 茂原市名誉市民

平成21年 4月29日 旭日中綬章(地方自治功労)

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 総務部 秘書広報課

電話: 0475-20-1512 ファクス: 0475-20-1601

お問い合わせフォーム


茂原市名誉市民・前茂原市長 石井常雄様のご逝去についてへの別ルート