ページの先頭です

茂原市立美術館・郷土資料館 バーチャルミュージアム(2) 美術収蔵品展「新収蔵品展」、郷土テーマ展「スマートインターチェンジ設置事業に伴う発掘調査の成果-国府関遺跡」

[2021年3月31日]

バーチャルミュージアム映像

美術収蔵品展「新収蔵品展と、郷土テーマ展「スマートインターチェンジ設置事業に伴う発掘調査の成果-国府関遺跡」を動画で紹介しています。(ナレーションなしです 5分8秒)

映像のスクリーンショット

館前の桜 令和3年3月23日撮影

館前の桜 令和3年3月23日撮影

第2展示室 美術収蔵展の入口です。

美術収蔵品展「新収蔵品展-森 章、石井伝三の洋画、板倉花巻の書を中心に」
会期 令和3年3月19日(金曜日)~5月17日(月曜日)

新収蔵品展の会場全体です。


板倉花巻の書作品です。

板倉花巻(いたくらはなまき)(1900~1968)は、茂原市出身の書家です。書星会を設立した後、自身の母校の名にちなんだ大成書道会を主宰しました。無欲、清貧な生きざまが、自由な書風に表れていて、書以外にも、墨彩画などの作品を残しています。

茂原出身の洋画家 石井伝三(いしいでんぞう)の洋画です。

石井伝三(いしいでんぞう1931~2012)は、茂原市出身で、白日会等で活躍した洋画家です。

茂原市出身の洋画家 森 章(もりあきら)の洋画です。

森 章(もりあきら1948~2019)は、高校美術教諭を務めた洋画家で、想像力をかきたてられるような魅力があります。

郷土資料館の常設展示の部分

郷土資料館の常設展示部分です。

郷土テーマ展の入口です。

郷土テーマ展 「スマートインターチェンジ設置事業に伴う発掘調査の成果-国府関遺跡(こうせきいせき)」
会期 令和3年3月20日(土曜日)~6月27日(日曜日)
茂原長柄スマートインターチェンジの設置事業に伴う発掘品を展示しています。

郷土テーマ展会場


郷土テーマ展会場


開館時間

9時0分~17時0分

観覧料

企画展有料(料金は展覧会によって異なる・令和2年度は企画展はありません)
収蔵品展は無料

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 茂原市立美術館・郷土資料館

電話: 0475-26-2131 ファクス: 0475-26-2132

お問い合わせフォーム


茂原市立美術館・郷土資料館 バーチャルミュージアム(2) 美術収蔵品展「新収蔵品展」、郷土テーマ展「スマートインターチェンジ設置事業に伴う発掘調査の成果-国府関遺跡」への別ルート