ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    令和4年度夏の星空観察について

    • 初版公開日:[2022年07月20日]
    • 更新日:[2022年7月20日]
    • ID:6670

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    夏の星空観察について

    環境省では、星空観察を通じて屋外照明等による光害(ひかりがい)や大気汚染等に気付き、環境保全の重要性について関心を深めていただくこと、また、良好な大気環境や美しい星空を地域資源(観光や教育)としても活用していただくことを目指し、星空観察を推進しています。この機会に、是非、星空の観察に取り組んでみてください。

    1.肉眼による観察

    天の川の観察

    高度の異なる天の川の3部分(はくちょう座付近、たて座付近、いて座付近)を観察するものです。
    環境省ウェブページ別添2「肉眼観察シート」(別ウインドウで開く)を用いて観察してください。

    GLOBE AT NIGHTへの参加によるヘルクレス座周辺の星の観察

    GLOBE AT NIGHT(夜空の明るさ世界同時観察キャンペーン)は、国際ダークスカイ協会(IDA)(別ウインドウで開く)などの主催で2006年より実施されている取組であり、夜空の見え方が観察シートにある8つの星座のどれに一番近いかを観察するものです。観察結果をIDAに報告すると、世界中にデータが共有され、世界のどこで星座がはっきり見えるかが明らかになります。今回の夏の観察においては、ヘルクレス座を実施してください。
    環境省ウェブページ別添2「GLOBE AT NIGHT 観察シート」(別ウインドウで開く)を用いて観察してください。

    観察期間及び観察時間

    令和4年8月18日(木曜日)から8月27日(土曜日)の日没後1時間半以降

    ※令和4年度夏期の観察期間中の日没の時間については、環境省ウェブページ別添1「夏の夜空の観察方法について」(別ウインドウで開く)
    「令和4年度夏期の観察期間中の日没、天文薄明の終わり及び月の条件」を参考にしてください。

    2.デジタルカメラによる夜空の明るさ調査

    デジタルカメラを用いて天頂付近の星空を撮影し、星空の見やすさを客観的に評価する調査を行います。評価の対象は、デジタルカメラで撮影したデータから算出される「夜空の明るさ」とします。

    継続観察登録地点の調査

    撮影データを(株)アストロアーツが運営しているウェブサイト(別ウインドウで開く)(以下「報告サイト」という。)を通じて環境省にご提出いただき、詳細に解析を行い夜空の明るさを数値として算出します。解析結果は、後日、観察場所ごとに環境省ホームページに公表されます(個別に結果をお知らせすることはありません)。

    継続観察登録地点以外の調査

    昨年度までの調査において正しく分析されたカメラ機種に限り、報告サイトにご投稿いただく撮影データを自動解析し、速報値を算出し投稿後に即時表示されます。
    ※ カメラ対応機種や撮影時の設定、データの条件等については報告サイトをご確認ください。

    調査期間及び観察時間

    令和4年8月18日(木曜日)から8月31日(水曜日)の日没後1時間半から3時間半の2時間

    (データ報告期間は、令和4年8月18日(木曜日)~ 9月20 日(火曜日))

    その他

    投稿されたデータは、星空公団または環境省において、個人を特定しない形でウェブ公開するとともに、メディア・学会等で発表される場合があります。

    外部リンク

    参加方法など、詳しくは環境省ホームページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

    お問い合わせ

    茂原市役所経済環境部環境保全課

    電話: 0475-20-1504

    ファクス: 0475-20-1604

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム