ページの先頭です

公民館建設の経緯

[2015年3月13日]

茂原市の公民館建設の経緯は次のとおりです。
昭和24年に社会教育法が制定されたことに伴い、各地で公民館建設への機運が高まりました。
茂原市に於いても、公民館建設への機運が高まりましたが、当時は義務教育施設に問題があったため、公民館の建設については、まだ、時期尚早とのことで、学校関係施設を先行して整備したため、公民館建設については学校施設整備後となりました。
しかし、「市民の間では、集会の場や研修の場としての公民館が必要である」との要望があり、昭和29年7月に県立茂原農業高等学校が新築移転にともない、県から校舎の払い下げを受けて、この校舎の建物内に公民館と図書館が併置されました。このとき、茂原市公民館が開館となりました。
(当時の所在地は茂原小学校隣にありました。現在は、茂原市社会教育センターと青少年指導センターが敷地内にあります。)
昭和42年6月、現在地へ新築移転し、中央公民館として開館。
昭和48年5月、本納公民館が開設。
昭和54年11月、茂原公民館が開設。
(平成14年4月から茂原駅前学習プラザ内に併設)
昭和57年4月、鶴枝公民館が開設。

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 教育委員会教育部 茂原市中央公民館・市民会館

電話: 0475-22-5072 ファクス: 0475-24-0008

お問い合わせフォーム