ページの先頭です

“社会を明るくする運動”

[2020年6月23日]

第70回“社会を明るくする運動”について

趣旨

 すべての国民が、犯罪や非行の防止と、罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない安全で安心な地域社会を築くため、「犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ」を統一標語として推進される全国的な運動です。

強調月間

 毎年 7月

活動目標

 1.犯罪や非行のない安全・安心な地域社会を築くための取り組みを進めよう

 2.犯罪や非行を行った人たちの立ち直りを支えよう

 これは、本運動で取り組むべき具体的な行動目標を設定し、その達成に寄与する活動を各地域の実情に応じて企画・実施することにより、広く地域住民の参加を促すものです。

重点事項

 犯罪や非行をした人を社会から排除・孤立させるのではなく、再び受け入れることが自然にできる「誰一人取り残さない」社会の実現に向け、

  1. 出所者等の事情を理解した上で、雇用する企業の数を増やすこと
  2. 帰るべき場所がないまま、刑務所から社会に戻る人の数を減らすこと
  3. 薬物依存からの回復と社会復帰を長期的に支える地域の環境を作ること
  4. 犯罪をした高齢者・障害者等が、社会復帰に必要な支援を受けられる環境を作ること
  5. 非行少年等が学びを継続できる環境を作ること

これらに関係行政機関・民間団体関係者等の連携のもとに取り組むことを重点事項としています。

令和2年度(2020年度)茂原市推進委員会の活動

啓発・広報活動

街頭啓発活動

令和2年8月 もばら夏まつり(ショッピングプラザアスモ周辺)

     11月 茂原市産業まつり(市役所南側駐車場)

令和3年2月 冬の七夕まつり(市役所南側駐車場)


※その他、機会を捉えて随時実施します。

広報活動

チラシの毎戸配布、広報もばらへの記事掲載等、機会を捉えて適宜実施します。

作文コンテスト

趣旨

 市内小・中学校に作文の募集を行い、犯罪・非行のない地域社会づくりや犯罪・非行などに関して考えたこと、感じたことを作文に書くことを通じて、運動に対する理解を深めてもらう。

対象

市内の小・中学生

令和元年度(2019年度)茂原市推進委員会の活動【終了しました】

令和元年7月5日(金曜日)強調月間開始式・講演会

“社会を明るくする運動”茂原市推進委員会の開始式を行いました。
 講演会では千葉刑務所の職員より、刑務作業や再犯防止の取り組みについての話があり、参加者約210名が耳を傾けました。

令和元年7・8月 作文コンテスト

 “社会を明るくする運動”の一環として作文コンテストが全国で行われ、茂原市においても市内小中学校の児童生徒さんより多数の作品をご応募いただきました。どの作品も、日常の経験から「社会を明るくする」ためにはどうしたらよいか、真剣に考察されていることが伺えました。

 中学校の部より1名の生徒が、千葉県推進委員会委員長賞に入賞し、令和元年12月25日に行われた表彰式に出席しました。

令和元年8月25日(日曜日)街頭啓発活動

もばら夏まつりでの啓発活動の様子

 茂原市推進委員会委員を中心に、茂原ショッピングプラザアスモ東の茂原住宅公園で行われたもばら夏まつりの会場内で、啓発物資を配って“社会を明るくする運動”のPRを行いました。

その他の広報活動

  • 広報もばらに記事を掲載(7月1日号)
  • 市内各公共施設にポスターを掲示(令和元年6月1日から令和2年3月31日まで)
  • 市役所1階ロビーにのぼり旗を掲出(令和元年7月1日から7月31日まで)
  • リーフレットを市役所1階行政資料室に配置(令和元年7月1日から)
  • 市内自治会に「更生保護」に関するチラシを回覧(令和元年8月1日)

ほか

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 福祉部 社会福祉課

電話: 0475-20-1571 ファクス: 0475-20-1605

お問い合わせフォーム


“社会を明るくする運動”への別ルート