ページの先頭です

安心・便利な口座振替

[2015年5月1日]

申し込み

  • 口座振替の申し込みは、収税課窓口、市内金融機関窓口に備え付けの申込書、または依頼書で手続きができます。
     ゆうちょ銀行・郵便局の場合、茂原市税等自動払込利用申込書(廃止届)
     ゆうちょ銀行・郵便局以外の場合、茂原市税等口座振替依頼書
  • 市外の方や、お忙しく窓口で手続きができない方は、ご連絡いただければ申込書、または依頼書をお送りします。
  • 申し込みの翌々月の月末納期分から振り替え可能です。あらかじめご了承ください。

金融機関

税目

  • 固定資産税・都市計画税
  • 軽自動車税
  • 市・県民税(普通徴収分)
  • 国民健康保険税
     後期高齢者保険は国保年金課で取り扱っています。
     介護保険は高齢者支援課で取り扱っています。
  • 法人市民税・市県民税(特別徴収分)は取り扱いできません。

方法と振替日

  • 1年分を一括で振り替える方法と期別に振り替える方法があります。
  • 納期限はこちらの一覧表をご覧ください。
  • 一括振替の場合、各税目の第1期の納期限の日に1年分をまとめて振り替えます。
  • 期別振替の場合、それぞれの納期限の日に振り替えます。

振替できなかった場合

  • 再振替はできませんので、後日送付される督促状兼領収書を使用し、銀行等の窓口で納付してください。または、収税課に納付書をご請求いただき、銀行等の窓口で納付してください。

口座振替の変更または停止する場合

  • 収税課窓口、市内金融機関窓口に備え付けの申込書、または依頼書を提出してください。 
     ゆうちょ銀行・郵便局の場合、茂原市税等自動払込利用申込書(廃止届)
     ゆうちょ銀行・郵便局以外の場合、茂原市税等口座振替変更・停止依頼書
  • 市外の方や、お忙しく窓口で手続きができない方は、ご連絡いただければ申込書、または依頼書をお送りします。
  • 申込みの翌々月の月末納期分から口座振替停止となりますので、あらかじめご了承ください。
  • 停止申込書、または依頼書を提出後、口座振替を申し込んでいた税目において、当該年度に納期未到来分の税目がある場合、金融機関の窓口で納付できる納付書をお渡しします。
  • 停止申込書、または依頼書を提出しなかった場合、引き続き口座振替加入者となる場合がありますのでご注意ください。振替できなかった分の税目については、後日送付される督促状兼領収書を使用し銀行等の窓口で納付してください。

注意事項

  • 口座振替依頼書に記入する際の納税義務者名は、お振替する税目の納税通知書に記載されている納税義務者名を正確に記入してださい。
  • 固定資産税・都市計画税で個人分と共有分があるときは、それぞれ別にお申し込みください。
  • 共有分は、共有者や持分が変わったときは、新たにお申し込みください。
  • 国民健康保険税は、世帯主(国民健康保険未加入であっても)が納税義務者になります。
  • 通常の納期以外に課税される市税等(随時課税)の振替はできません。
  • 再振替はできません。
  • 申込みの翌々月の月末納期分から振替え可能です。
  • 「納税通知書」は口座振替加入者にもお送りします。
  • 表紙に「口座振替加入者」と印字され、納付書は使用できないようになっています。
  • 軽自動車の車検がある場合
    6月中旬に発送する口座振替納付済通知書に「納税証明書」がついています。納付済通知書が届くまでに車検を受ける方は、振替内容が記帳された通帳をご持参の上、市民税課で納税証明書を申請してください。通帳を持参されない場合、確認に時間がかかる場合があります。発行は無料です。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 企画財政部 収税課

電話: 0475-20-1578 ファクス: 0475-20-1609

お問い合わせフォーム