ページの先頭です

高額医療・高額介護合算療養費制度

[2015年3月12日]

制度の内容

世帯内の同一の医療保険の加入者について、医療保険と介護保険の自己負担額を合算し、その合算額が自己負担限度額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。
ただし、医療保険の自己負担額または介護保険の自己負担額のいずれかが「0円」の場合や、限度額を超えた金額が「500円未満」の場合は、支給対象外です。

合算の対象となる期間

毎年8月1日から翌年の7月31日までの12か月間の自己負担額を合算します。

合算の対象となる自己負担額

同じ世帯内で同じ医療保険に加入している人全員の医療保険と介護保険の自己負担額を合算します。
このとき、高額療養費、高額介護サービス費などの支給額は控除します。また、食費、居住費や差額ベッド代など、高額療養費または高額介護サービス費などで合算の対象にならないものは、高額医療・高額介護合算制度でも合算の対象となりません。

自己負担限度額

後期高齢者医療と介護保険

8月~翌7月(12か月)

  • 現役並み所得者 67万円
  • 一般 56万円
  • 区分2 31万円
  • 区分1 19万円

所得区分

  • 現役並み所得者
     住民税課税所得145万円以上の世帯
  • 区分2
     住民税非課税の世帯
  • 区分1
     世帯全員が、住民税の課税対象となる各種所得の金額がない等の方(年金収入のみの方の場合は年金受給額80万円以下)
  • 一般
     上記のいずれにも該当しない世帯

申請方法

支給申請は、基準日(毎年7月31日)時点に加入している医療保険の保険者に行います。

支給申請時に必要な持ち物

申請時には、同一世帯内で基準日時点に同じ医療保険に加入している方全員の以下の持ち物をお持ちください。

  • 後期高齢者医療被保険者証(保険証)
  • 印鑑(認印)
  • 振込先のわかるもの(金融機関の通帳等)
  • 自己負担額証明書(保険異動があった場合のみ)
    ※領収書は不要です。

医療分の自己負担額証明書の交付申請時に必要な持ち物

  • 後期高齢者医療被保険者証(保険証)
  • 印鑑(認印)

申請の勧奨

次の方は申請に関する案内をします

  • 全期間中、継続加入の方
     茂原市在住で千葉県後期高齢者医療制度に、合算の対象となる全期間中、継続して加入しており、また試算の結果、支給対象になると思われる方へ1月下旬に通知します。通知が届きましたら、国保年金課窓口で申請してください。

次の方は申請に関する案内をすることができません

  • 加入する医療保険に変更がある方
     合算の対象となる期間中に、加入する医療保険の変更(例:社会保険⇒後期高齢者医療制度、国民健康保険⇒後期高齢者医療制度など)や、介護保険の変更(例:市外からの転入)があった方は、自己負担額のデータがないため、通知の対象外です。

申請から支給までの流れ

医療保険に申請

支給申請は、基準日(通常は毎年7月31日)時点に加入している市町村の医療保険担当窓口に必要書類等を持参し、申請を行います。
高額介護合算療養費等支給申請書兼自己負担額証明書交付申請書は「後期高齢者医療制度の様式のダウンロード」のページ(32番)からダウンロードできます。

支給額の決定

医療保険者への申請受付後、医療保険と介護保険からの支給額が算定されます。

支給額の受領

医療保険、介護保険それぞれから、金融機関の指定口座を通じて支給額が支払われます。

高額医療・高額介護合算療養費制度に関するお問い合わせ

茂原市役所 国保年金課
電話 0475-20-1503/ファクス 0475-20-1600

茂原市役所 高齢者支援課
電話 0475-20-1572/ファクス 0475-20-1610

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 市民部 国保年金課

電話: 0475-20-1503 ファクス: 0475-20-1600

お問い合わせフォーム


高額医療・高額介護合算療養費制度への別ルート