ページの先頭です

下水道事業の概要

[2015年5月1日]

リンク先は下記をクリックしてください。
整備区域マップ 整備の沿革

始まり

茂原市の下水道事業は、昭和39年に下水道基本計画の作成に入り、昭和41年に下水道法事業認可を取得し、千代田排水区(茂原駅南西側の旧市街地)63ヘクタールの事業に着手したのが始まりです。

区域の拡大

その後、本町排水区84ヘクタールを事業着手し、昭和47年に川中島終末処理場の一部が完成し、供用を始めました。そして、下水道の目的に「水質保全」という項目が追加されたことにより、排除方式も合流式(汚水・雨水を同一の管で処理)から水質保全に有効な分流式(汚水・雨水を別の管で処理)に変更になり、町保処理分区・早野第3処理分区・山崎処理分区・早野第1処理分区・富士見第1処理分区・富士見第2処理分区・三貫野処理分区・早野第2処理分区と順次整備区域が拡大されました。

今後の下水道計画

下水道事業においては、これまでも効率化・透明化などに向けた取り組みをしてきたところですが、最近ではなお一層の取り組みが求められています。このような中、下水道事業の整備効果向上を図るための事業の再点検(4つの点検)として、

  1. 他の汚水処理施設との適切な役割分担
  2. 事業のコスト管理
  3. 時間管理
  4. 事業効果

などの点検を行いながら新たな整備区域を定め、整備を行っていく予定です。

公共下水道事業の全体計画と認可計画、整備状況  (平成29年4月1日現在)
計画名全体計画認可計画整備状況
処理区川中島処理区川中島処理区川中島処理区
区域2,139ヘクタール991ヘクタール801ヘクタール
年度平成36年度平成27年度平成25年
事業費1,005億円713億円403億円
計画人口68,870人35,320人31,129人
処理場川中島終末処理場川中島終末処理場川中島終末処理場
処理能力(日最大)37,410立方メートル26,410立方メートル15,410立方メートル
ポンプ場道目木ポンプ場 町保ポンプ場道目木ポンプ場 町保ポンプ場道目木ポンプ場 町保ポンプ場

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 都市建設部 下水道課

電話: 0475-20-1549 ファクス: 0475-20-1606

お問い合わせフォーム


下水道事業の概要への別ルート