ページの先頭です

デジタル・トランスフォーメーション(DX)

[2021年8月31日]

茂原市におけるデジタル・トランスフォーメーション(DX)の推進

 未曽有の危機となった新型コロナウイルス感染症の対応に際して、地域・組織間でデータの活用が十分にできなかったことなど、全国的にさまざまな課題が明らかになりました。

 デジタル化の遅れに対する迅速な対処だけでなく、「新しい生活様式」の原動力として、制度や組織のあり方をデジタル化に合わせて変革していく、いわば社会全体の「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」が求められています。

 茂原市では、総合計画の施策に「情報化の推進」を位置づけ、「情報通信環境の整備」と「電子自治体の推進」を課題に掲げ、複雑多様化する社会経済情勢やデジタル技術に対応するため、市の情報化を推進してまいりました。

 デジタル技術により既存の行政サービスや働き方を抜本的に変革し、市民の多様なライフスタイルに寄り添うことができる地域社会の実現を目指す将来像を描き、(仮称)茂原市デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進基本方針を策定しようとするものです。

茂原市デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進本部

 茂原市におけるデジタル・トランスフォーメーション(DX)を推進し、デジタル技術の活用による市民等の利便性向上及び庁内の業務効率化を図るため、茂原市デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進本部を設置しました。

茂原市デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進本部設置要綱

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

茂原市DX推進本部特別研修会(令和3年9月16日)

特別研修会チラシ画像

 デジタル庁の設置、学校のGIGA スクール 、リモート会議など、社会全体のデジタル化が進められています。

 誰もが自分らしく生きることができる社会を実現するために、自治体がデジタル・トランスフォーメーション(DX)を進めることの意義は?

 また、デジタル技術を駆使 して市民自身が社会課題の解決を図る「シビックテック」とは どんなもの?

 豊富な経験と知識をお持ちのアドバイザーをお招きし、リモートでお話を伺います。

※本事業は、令和3年度総務省地域情報化アドバイザー派遣事業です。

  • 日時 令和3年9月16日(木曜日)10時~11時30分
  • 参加方法 リモート(Zoom利用)
  • 講師 市川博之氏(総務省地域情報化アドバイザー、一般社団法人シビックテック・ラボ代表理事)
  • 定員 30名(先着順)
  • 申込み 9月10日(金曜日)までにメールで申し込み(折り返し、リモート会議参加用URLをお知らせします)
  • 問い合わせ 茂原市役所総務課 電話0475-20-1519 ファクス0475-20-1602 メールアドレスsoumu@city.mobara.chiba.jp(迷惑メール対策のため、アットマークを全角にしてあります)

DX推進本部特別研修会チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 総務部 総務課

電話: 0475-20-1519 ファクス: 0475-20-1602

お問い合わせフォーム


デジタル・トランスフォーメーション(DX)への別ルート