ページの先頭です

災害に備える地震保険制度とは

[2015年9月1日]

地震保険について

地震保険とは

地震保険は、「地震保険に関する法律」に基づき創設され、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没・流出による損害を補償し、被災者の生活の安定に寄与することを目的とした、政府と損害保険会社が共同で運営する公共性の高い保険です。

地震保険の対象

地震保険の対象は建物と家財です。また、火災保険では、地震を原因とする火災による損害や、地震による延焼・拡大した損害は補償されません。

地震保険に加入するには

地震保険は、火災保険に付帯する方式での契約になりますので、火災保険への加入が前提となります。地震保険は、火災保険とセットでご契約ください。すでに火災保険を契約されている方は、契約期間の中途からでも地震保険に加入できます。

※詳しくは、こちらの日本損害保険協会(別ウインドウで開く)財務省(別ウインドウで開く)のホームページをご確認ください。

水害(大雨など)に対する保険

近年は、今までにない豪雨等により災害が発生しています。台風、暴風雨、豪雨等による洪水や土砂崩れなどの水害による損害を補償する火災保険もあります。災害への備えとして検討しましょう。

お問い合わせ

茂原市役所 (法人番号 8000020122106) 総務部 総務課(防災対策室)

電話: 0475-20-1519 ファクス: 0475-20-1602

お問い合わせフォーム


災害に備える地震保険制度とはへの別ルート