ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    資源ごみの分け方・出し方

    • 初版公開日:[2022年06月15日]
    • 更新日:[2022年11月22日]
    • ID:72

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    資源ごみ

    収集日

    毎月2回 (乾電池は年3回)

    地域によって収集日が異なります。

    詳しい収集日については、こちらで確認してください。(別ウインドウで開く)

    主なもの

    資源ごみとは??

    ごみの中には、再度そのまま使用できるものや、原材料として再利用できるものが多数含まれています。そのようなごみを「資源ごみ」として分別するよう皆さんにお願いしています。「資源ごみ」として分別をお願いしているのは、缶・ビン・ペットボトル・紙類・衣類・乾電池・スプレー缶です。

    分け方・出し方

    • 水洗いをしてから、カン専用ネット袋 (青色)に入れてください。
    • カンはつぶさないでください。
    • アルミ缶とスチール缶は分別しないでかまいません。

    ビン

    • キャップを外し、水洗いをしてください。
    • 専用コンテナ(水色)に「透明ビン、茶色ビン、その他の色のビン」ごとに入れてください。

    ペットボトル

    • ラベル・キャップを外し、中を水洗いしてください。
    • ペットボトル専用ネット袋(緑色)に入れてください。

    ※ラベルやキャップは燃えるごみになります。

    ※資源ごみとして出せるものは、下のマークのついている、飲料用に限ります。

    マーク

    紙類

    次の品目別にそれぞれをひもで縛って出してください。

    雨の日は透明なビニール袋等に入れ、中身が見えて濡れないようにしてください。

    1. 新聞(新聞とチラシのみにしてください)
    2. 雑誌・雑紙(辞典等の厚表紙は、燃えるごみとして出してください)
    3. ダンボール
    4. 紙パック
    5. その他の紙製容器包装(以下のような紙製品)
    • 紙箱類 (1枚ずつ開いてのばしてください)
      例:お菓子・食料品・化粧品の外箱、靴の箱等

    • 包装紙類(ビニールが付いていないもの)
      例:デパート・菓子店・土産店等の包装紙

    • 紙袋類(紙以外の取っ手は外してください)
      例:本屋・デパート等の紙袋

    • その他
      ワイシャツの台紙、紙の中ブタ等

    ※その他、紙としてリサイクルできない製品もあります。こちらで確認し、燃えるごみで捨ててください。

    衣類

    • ひもで縛って出してください。
    • 資源ごみの対象となる衣類は、「毛布」「タオルケット」「シーツ」などです。
    • 資源ごみの対象とならない衣類は、「破れたもの」「シミのついたもの」「冬物衣料(オーバーなど)」「ウィンドブレーカー」「革製品」「反物(着物)」です。※燃えるごみとして出してください。

    スプレー缶・カセットボンベ

    • 中身は使いきる。
    • 穴は開けない
    • 前日に設置される「スプレー缶・カセットボンベ専用ネット」(黄色)に入れてください。

    平成29年4月からスプレー缶・カセットボンベのごみ出し方法が変わりました。(不燃ごみの回収日から資源ごみの回収日に変更)


    乾電池

    • 透明な買物袋などに入れて、「乾電池」と表示して出してください。
    • 対象となるのは、 マンガン乾電池・アルカリ乾電池・オキシライド乾電池です。
    • 充電式乾電池やボタン電池は電器店の回収ボックスへお願いします。
    • 電池の両面の端子にテープなどを貼り、絶縁してから出してください。
      ※収集日は年3回の指定日のみです(地区により異なります)