ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    子宮頸がんワクチンについて (子どもの予防接種)

    • 初版公開日:[2022年02月24日]
    • 更新日:[2022年2月24日]
    • ID:4585

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    子宮頸がんについて

    子宮頸がんは子宮の入り口部分にできるがんです。このがんになると子宮やその周りの臓器を摘出しなければならなくなることがあります。

    日本では婦人科領域の悪性腫瘍の中で、乳がんに次いで多いがんです。年間11,000人が罹患し、そのうち約2,800人が亡くなっています。

     この子宮頸がんの原因のほとんどはヒトパピローマウイルス(HPV)感染によるものです。皮膚と皮膚(粘膜)の接触によって感染するウイルスで、多くの場合、性交渉によって感染すると考えられています。女性の多くが一生のうち一度は感染するといわれていますが、感染は一時的で、自然消失するのがほとんどです。しかし、免疫の低下等により感染が長期化すると子宮頸がんへと進む可能性があります。

    患者さんは20歳代から増え始めて、30歳代までにがんの治療で子宮を失ってしまう(妊娠できなくなってしまう)人も、毎年、約1,200人います。


    対象者

    12歳となる日の属する年度の初日から16歳となる日の属する年度の末日までの間にある女子

    (小学校6年生から高校1年生相当年齢の女子)

    接種スケジュール

    サーバリックス(HPV16型及び18型に対する抗原を含んでいる2価ワクチン)

    合計3回接種 : 半年の間に3回接種

    2回目は、初回1回目の接種後、1か月あけて接種。

    3回目は、初回1回目の接種後、6か月あけて接種。

    ガーダシル(HPV16型及び18型と尖圭コンジローマや再発性呼吸器乳頭腫症の原因となる6型、11型も加えられた4価ワクチン)

    合計3回接種 :半年の間に3回接種

    2回目は、初回1回目の接種後、2か月あけて接種。

    3回目は、初回1回目の接種後、6か月あけて接種。

    HPVワクチンの効果について

    いずれかのワクチンを接種することにより、HPVへの再感染や持続感染を予防して、がんになるリスクを低減することができます。感染する前の接種が効果的です。

    ※すべての発がん性HPVを予防できるものではありませんので、接種しても子宮頸がんを発症する可能性はあります。そのため、ワクチン接種をしても子宮頸がん検診の年齢に達したら定期的に受診することが大切です。

    接種医療機関

    令和4年度 ヒトパピローマウイルス予防接種医療機関名簿

    子宮頸がんワクチンの積極勧奨の再開について

    「積極的な勧奨」とは、市町村が接種対象者やその保護者に対して、標準的な接種期間の前に、接種を促すハガキや予診票等を各家庭に送ること等により接種をお勧めする取り組みを指しています。

    HPVワクチンは、その副反応について平成25年6月14日に開催された専門家の会議において、これまでに収集された医学的情報をもとに分析・評価され、ワクチン接種の有効性と比較した上で、定期接種を中止するほどリスクが高いとは評価されませんでした。

    その会議では、接種部位以外の体の広い範囲で持続する疼痛の副反応症例等について十分に情報提供できない状況にあることから、接種希望者の接種機会は確保しつつ、適切な情報提供ができるまでの間は、積極的な勧奨を一時的に差し控えるべきとされました。

    その後、HPVワクチンの接種については、専門家の会議において継続的に議論されてきました。令和3年11月12日に開催された会議において、安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められました。また、引き続きHPVワクチンの安全性の評価を行っていくこと、接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関の診療実態の継続的な把握や体制強化を行っていくこと、都道府県や地域の医療機関等の関係機関の連携を強化し地域の支援体制を充実させていくこと、ワクチンについての情報提供を充実させていくことなどを進め、積極的な勧奨を差し控えている状態を終了させることが妥当であると判断されました。

    こうした専門家の意見を踏まえ、令和3年11月26日に差し控えの状態を終了させることとなりました。

    積極的な勧奨の差控えにより接種機会を逃した方へ

    時限的に従来の定期接種の対象年齢を超えて接種を行うこと(以下「キャッチアップ接種」という。)について、「第26回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会」において議論が開始され、「第27回同分科会」において、その対象者及び期間について意見が取りまとめられました。

    これにより、平成9年度生まれから平成17年度生まれまでの女子をキャッチアップの対象とし、令和4年4月~令和7年3月までの3年間を期間として、令和4年4月1日から施行しております。

    HPVワクチンに関する情報

    お問い合わせ

    茂原市役所市民部健康管理課

    電話: 0475-20-1574

    ファクス: 0475-20-1600

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム